プロフィール

満月@三ヶ森

Author:満月@三ヶ森
☆住所
三ヶ森3丁目11-3

☆電話
093-613-6567

☆水曜定休

☆営業時間

木曜~火曜
 昼の部:11時~16時
 夜の部:17時~21時頃

※麺が売り切れた場合は終了


☆志
宇宙一美味いうどん屋

☆趣味
うどん作り
うどん食い
うどん想い

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーレス

ラーメン業界ってのは面白い


ラーメンと言えば九州人なら

豚骨スープにチャーシューやいくつかの具と葱

麺はカンスイをまぜて打った細麺や中太麺

ってのがパーンと頭に浮かんできそうだけど

今は極太麺あり、野菜のドカ盛りあり、つけ麺あり、油そばあり、何でもありだ


スープもなんでもあり



つけ麺なんかはざるうどんやざる蕎麦、うちの肉ざるみたいのや蕎麦屋さんの鴨せいろ等、もとは蕎麦やうどんの専売特許みたいなもんだった


そこへ躊躇なく踏み込んでくる


麺にしても最近どこかのblogかなんかで見たのは『蕎麦粉を使った麺で食わせるラーメン』とか
『当店の麺はカンスイを使用せず小麦粉、水、塩のみで打っています』とか


そりゃ蕎麦やろ!とかそりゃうどんやろ!とか突っ込みたくなる内容



しかし、それを突っ込むわけでもなく『新しいラーメンのスタイル』として受け入れる食べ手側


実に面白い!


仮にうどん屋がラーメンの世界に踏み込む様なメニューを作ったとする


受け入れる食べ手は多くいるだろうか


俺は正直そんなにいないだろうと思う


だけど


やってみたい!


以前、千兵衛の兄さんが『豚骨うどん』なるメニューを出そうとした事があった


あの時、画像を見せてもらって『受け入れて貰えるやろか?』と思いつつ
それがどんな評価をされるのか非常に興味がわいた


今はラーメン業界で動物系と魚介系のWスープなんて当たり前


今ならイケるんじゃないですか!とも思う




新しい麺作りに息詰まりボーっとしてたら色んな事が頭に浮かんでくる






新しい麺は


『うどん』とゆ~ジャンルの規制をいったん取っ払う所から始めよう


その方が面白いのかもしれん
スポンサーサイト

<< 卒業2 | ホーム | >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。