プロフィール

満月@三ヶ森

Author:満月@三ヶ森
☆住所
三ヶ森3丁目11-3

☆電話
093-613-6567

☆水曜定休

☆営業時間

木曜~火曜
 昼の部:11時~16時
 夜の部:17時~21時頃

※麺が売り切れた場合は終了


☆志
宇宙一美味いうどん屋

☆趣味
うどん作り
うどん食い
うどん想い

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い

先日、麺好きの友人と色々話しました♪


『しかしお前がうどん屋とはな~、今でも信じられんばい』

『どぉ見てもラーメン屋やんかw』

みたいなスタートから

『うどんは麺やろ?でもラーメンはやっぱスープやろうね~』

みたいな話になりました



確かに『ラーメンはスープ』とゆ~のは常々感じていました


でも、ここ数年のうちに麺にも力を入れて自家製麺するラーメン屋さんも増えてきた様に思います


また麺屋さんの中には、そのラーメンスープに合う麺を作ってくれる店も話題になったりしています


皆、より美味い物を作ろうと必死なんですよね♪

じゃあ、麺屋さんから麺を仕入れているラーメン屋さんが必死じゃないかと言えば
そ~は感じません。


麺屋さんが持っている既存の麺がそのスープにベストマッチしていれば何も問題無いわけだし

麺を作る時間が無い分、命であるスープに情熱をかけられるわけですし


大切なのは『想い』じゃないでしょうか?


うどん屋の場合は麺命みたいな感じもありますが


古くからの繁盛店を食べてまわると必ずしも自家製麺であるとは限りません


お客さんを待たせたくないとゆ~想い


お客さんに笑顔になって欲しいとゆ~想い


そぉゆ~店は、たとえ自家製麺でなくても茹でたてでなくても繁盛しているんじゃないかな?と思います


満月は勿論自家製麺で茹でたて、天ぷらも揚げたて、


俺は出汁も大事だと思いきちんと作っていますが


出汁以上にやはり麺に想いいれがあります


折角来てくれたお客さんに最高の状態で麺を食べてもらいたいとゆ~想いです


作りたてを出すために他の店よりも随分時間はかかるかもしれませんが


何日も前から想いをかけて捏ねた麺です


この想い、いつか貴方の胃袋に届きますよ~に☆
スポンサーサイト

<< 確定申告 | ホーム | ブログ >>


コメント

疑問点

裏打系の麺は完全な手打ちではないっすよね?
麺の切り口は全部均一みたいなので。機械で切ってるんでしょうか。完全な手打ちは難しいんでしょうかね。

?さん

他の店は知りませんけど俺は『完全手打ち』じゃないですよ


大量に作るので水回しから機械を使いますしね♪


完全手打ちが好みでしたら満月じゃなく他でやってそ~な店を探すのも楽しいかもしれませんね☆

相違

職人と商売人の違い。
うどん【職人】で麺に思い入れがあるなら、量の多寡に関わらず、手打ちをするべきでは?機械打ちで麺は語れないと思う。

通り過ぎさん

そおゆ~考え方もあるかもしれませんね♪


『完全手打ち』ではないですが、ここは手でやるべきだと思う工程は全て手でその日その日の麺を確認しながら打っていますし、想い入れがあるのは嘘じゃないですよ☆



皆さんいろいろなご意見があってとても興味深いですね。私の意見はこうです。
理想は、作り手の思いと食べ手の思いが通じ合うこと。しかし、そんなことなかなかありえない。よくあるのは、作り手の思いだけが大きすぎて一方通行するお店。これは、ただの押し付けで結構思いが重い(笑)。
満月さんは自分自身の熱い思いを持ちつつ、食べ手の喜ぶようにとお客様目線で試行錯誤しているようで、バランスの取れた、とても『心地よい思い』に感じます。

てる

ありがとね


そして今日はチビちゃん泣かしてゴメンね(>_<)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。